消費者金融net

キャッシングとカードローンにおける融資額の大きさと返済方法の違い

本来、カードローンとキャッシングは異なる利用方法を想定して登場した商品でした。現在はこれらの商品の垣根は非常に低く、区別を付けづらくなってしまっていますが、根本的には利用目的や方法に応じて利用する商品を選択することが可能になっているのです。

 

 

 

カードローンは、キャッシングと比較すると融資限度額が大きいイメージを抱いている消費者も少なくないのではないでしょうか。事実、カードローンは本来大口融資を想定して登場した金融商品になっており、キャッシング商品よりも限度額が大きく制定されている金融機関が少なくありません。また、金利もキャッシング商品よりも低くなっている場合が多く、大口融資を低金利で利用できるというのが本来のカードローンの特徴でした。

 

消費者が大口の融資を受けた場合、一括返済を行うのはどうしても困難になりやすいです。そこで、カードローン商品では分割返済によって少しずつ借りたお金と利息を返していくことが前提とされています。

 

金融機関にとっては、返済回数が増えることは利益の確保にもつながっていきます。返済の度に利息収入が確保され、少しずつ元本を返していくことで長期的な返済が必要になります。そこで、カードローン商品では大口融資を分割返済する仕組みに対応し、比較的低金利での融資が行われるようになっています。低金利でも金融機関にとっては充分な利益になり、消費者にとっては少ない利息負担でお金が借りられるというメリットが生まれたのです。

 

 

 

これに対し、キャッシングは小口融資が本来の目的となっています。主に消費者金融の融資商品がキャッシングと呼ばれることが多いですが、確かに銀行と消費者金融の融資商品を比較してみると、消費者金融の方が限度額が小さくなっている傾向が見られます。カードローンとキャッシングの違いが乏しくなってきた現在では、限度額の違いは取り扱っている金融機関の違いに基づいていると捉えられているケースも少なくないかもしれません。しかし、実際は本来の登場目的に即した違いの名残だと言って良いでしょう。

 

小口融資が主目的となっているキャッシングでは、想定されている返済回数もカードローンとは異なっています。カードローンが分割返済を前提としているのに対し、キャッシングは一括返済が本来の返済方法なのです。小口融資だからこそ一括返済も可能なはずだという前提の認識が、金融機関には存在しているというわけです。

 

この点に関してはクレジットカードのキャッシング機能に着目してみると分かりやすいかもしれません。クレジットカードにはキャッシング機能が付いている場合が多く、手軽にお金を借りられるようになっています。カード会社によって違いはありますが、クレジットカードのキャッシング機能を利用した場合、基本的に一括返済が原則になっているケースも少なくありません。リボ払いが可能なクレジットカードが増えてきた為印象は薄いかもしれませんが、ここには本来のキャッシングの姿が残っているのです。

 

また、一括返済が前提とされているキャッシングの場合、カードローンと比較すると金利は若干高めになっている傾向があります。これは前述したカードローンの金利の仕組みを逆転させたもので、返済回数が少ない分、金利が高くなりやすいのです。金融機関にとっては融資に対する利息収入は会社の利益に通じるものであり、前提となっている返済方法の違いに合わせて金利にも差をつけることが必要だったというわけです。

 

 

 

現在も、カードローンとキャッシングを厳密に比較してみるとこれらの違いが残っているケースがあります。どちらも同じ商品というわけではなく、大口融資・低金利・分割返済を備えたのがカードローンであり、小口融資・高金利・一括返済を前提としたのがキャッシングであるという違いをきちんと把握しておきましょう。